戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 18日

戦争の理論

吉田和男、藤本茂編著『グローバルな危機の構造と日本の戦略』晃洋書房、2013年、214〜217、222頁。

◆戦争は社会的結合を増大させ、様々な国内的欲求を解消する魅力を持つ。
◆戦争は対立している勢力の力が接近しているときに勃発の可能性が高まる。
◆現状変更国家の軍事力が現状維持国家の軍事力を追い抜いた時に現状変更国家が現状維持国家に対して戦争をしかける可能性が高くなる。
◆戦争を起こすメリットは経済的利益と政治的利益の両側面から計算される。ただし、政治的利益は経済的利益と異なり数字では表せない。
◆小規模な戦争はコストが小さいため大規模な戦争を躊躇する国も戦争の規模が小さければ戦争を躊躇しない場合がある。
◆敗戦のコストと不戦のコストに差が無くなり、かつ勝つチャンスがある場合、座して死を待つよりも一か八かで戦争に掛けてしまうことがある。

戦争がどのような時に起こるのかといった本質的な問題に対して、極めて単純明快な前提を提示しており、分析を行う上で参考になります。当然、実際に分析を行う際は、このような前提を参考にしつつ、当該国の戦略文化や国内政治、経済的な依存関係などの様々な要素の分析も必要です。ただ、こうした基本的な視座は分析の基礎的素養として必要だと思います。特に、時間が切迫している場合、悠長に分析している暇は無いので、こうした前提に立って迅速に最悪の戦争勃発シナリオを検討することが必要なのかもしれません。

[PR]

by Imperialnavy | 2014-02-18 00:05 | 戦略全般 | Comments(0)


<< 70年以上前からあった無人機攻...      中国の戦略文化(孫子だけではない) >>