戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 29日

イラン革命の予測になぜ失敗したのか

Robert Jervis,Why Intelligence Fails Lessons from the Iranian Revolution and the Iraq War, Cornell University Press, 2010,pp.15~32,108.

◆要求・収集関連
・SAVAKからイラン国内の政治や反政府勢力の情報は提供されていなかった。
・イランの国内政治はCIA作戦部の優先順位のリストには無かった。
・出回っていたホメイニ師の発言を収めたカセットテープすら収集しなかった。

◆分析関連
・CIAにイランの政治と経済の分析官はそれぞれ2名ずつしかいなかった。
・外部の学者や専門家との意見交換もほとんどなかった。
・報告文書の内容は記述的で、多くの事実が述べられていたにすぎなかった。
・CIAの分析は社会科学というよりも、ジャーナリスティックな内容であった。

◆四つの主要なエラー(マインドセット)
①「危険な状況であればシャーは取締りを強化するだろう」という先入観
②「体制は盤石であり、シャーは必要となれば強権を発動するだろう」という先入観
③宗教やホメイニ師に対する無理解(イスラム原理主義の勃興の見落とし)
④ナショナリズムと反米主義の見落とし・誤解

要は、的確な情報要求と収集努力、分析官のマンパワーとマインドがとても重要ということが、イラン革命の教訓からも明らかということです。また、分析官の仕事というものは、ニュース解説のようなものではなく、社会科学の方法論にそった「分析」であるべきという点は示唆に富むものです。ただ、やはりこのケースにも見られたように人手と時間が足りないにもかかわらず、次から次へと雑多な情報を評価しなければならない環境にあっては、社会科学的な方法を厳密に実践することはなかなか難しいのでしょう。この点、ホイヤーのACHなどは反証と比較を重視した簡便な方法であり、少なくともこうした手法ぐらいは実践すべきだとは思います。
[PR]

by Imperialnavy | 2014-01-29 19:44 | インテリジェンスの失敗 | Comments(0)


<< 中国の戦略文化(孫子だけではない)      レベルによる情報源などの違い >>