戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 15日

不確実性と公式化の程度

桑田耕太郎、田尾雅夫『組織論[補訂版]』有斐閣、2011年、82、85頁。

「不確実性とは、意思決定主体が環境要因について、合理的意思決定をするのに十分な量の情報を持っていないことを意味する。」「環境の不確実性は、組織の管理システムの公式化の程度に影響を与える。「公式化」は、あらかじめ用意された規則や責任-権限関係等によって対応できる程度を意味する。」「すなわち不確実性が低ければ、公式化の程度は高くなる。(略)一方、変化が速く、不確実性の高い環境の組織では、規則や手続きはあらかじめ用意されていないか、あっても実際の仕事の場では、しばしば無視されている。」

前回、情報分析手法の定式化と教育の必要性について紹介しましたが、上記のように組織論の観点から見れば、そもそも不確実性が極めて高いインテリジェンス組織で手順を公式化することは非常に難しいのかもしれないですね。従って、その教育内容は、あくまでも基本形としての手順や分析上の心構え的な内容にとどまるのでしょう。
[PR]

by Imperialnavy | 2014-01-15 19:10 | 戦略全般 | Comments(0)


<< レベルによる情報源などの違い      職人芸的な分析の危険性 >>