戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 15日

中国の戦略文化(危険な孫子の教え)

エドワード・ルトワック『自滅する中国 なぜ世界帝国になれないのか』芙蓉書房出版、2013年。

109頁「そもそもこの孫子の『兵法』という素晴らしい書物が強烈な誤解を招きやすい(というか危険ですらある)」
112頁「中国の「戦国時代/兵法の心理」の「名残り」、もしくは同一文化内の規範を異文化間の紛争に誤って応用することの「弊害」として最初に目につくのは「国際関係においては無制限にプラグマティズムを使っても良い」という前提だ。」
114頁「二つ目の「名残り」の例を挙げてみよう。中国の政府高官たちによくみられるのは「外国との間の長年にわたる未解決の紛争は、故意に危機を煽ることで解決できる」という考え方だ。」
118頁「三つ目の「名残り」は、欺瞞そのものや、欺瞞よって可能になる策略と奇襲攻撃への、過剰なまでの信奉である。」

中国の戦略文化を理解する際に参考となる内容です。
上記の内容から中国の行動パターンを端的に表すと、
①無制限なプラグマティズム(実用主義)により相手国との関係を損得勘定でとらえ、深い信頼関係を築こうとしない。②故意に危機をあおることで、相手を交渉に引きずり込もうとし、強制的に譲歩させようとする。③欺瞞を行ったうえで、奇襲攻撃を行う。
更に端的に言い換えると「損得で相手を評価し、威嚇と騙しと奇襲のテクニックで相手から利益を得ようとする」ということでしょうか。まぁそう単純なものではないとは思いますが、ただこうしてみると、防空識別圏の設定は上記②と③のパターンを実行したものとも言えそうですね。さて今後も同様のパターンで新手の策を繰り出してくるのでしょうか・・・

[PR]

by Imperialnavy | 2013-12-15 19:04 | 戦略インテリジェンス | Comments(0)


<< 中国の大軍拡      アメリカの対外政策(スパイクマン) >>