戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 06日

リーダーとインテリジェンスのジレンマ


Michael I. Handel “Leaders and intelligence”(Intelligence and National Security Volume 3, Issue 3, 1988, pp.4-6).

◆リーダーが教条的な場合、リーダーは新しい情報や自らの目的、方針、決定に反する情報は受け付けないだろう。逆にリーダーがあまりにオープンマインドな場合、明確なリーダーシップをとれずに頻繁に意見を変えてしまうだろう。
◆リーダーとインテリジェンスの距離が近すぎるとインテリジェンスがリーダーの方針や決定を意識し過ぎて客観性を失うだろう。逆に距離が遠すぎるとリーダーはインテリジェンスとの接触を失うだろう。
◆リーダーにアドバイスするインテリジェンスが独占的な立場にあったり、たった一つの情報源しかないと、リーダーが受けとる情報は限られたものか、バイアスがかかったものになるだろう。逆に様々なインテリジェンスがありすぎると自らのバイアスにとらわれたり経験に頼ったりするだろう。
◆生情報を求め過ぎるリーダーは、細部にまでこだわるがゆえに、自らインテリジェンスオフィサーになりきるという危険を犯すだろう。
◆多くの情報を受け流してしまうリーダーは真剣に情報から学ぶ機会を持てないだろう。逆にインテリジェンスから学ぶことに重きを置きすぎ、期待しすぎると、大事な決定を遅らせることになるだろう。

つまり、信念を持ちつつ教条的にならず、インテリジェンスと遠すぎず近すぎずの関係を保ち、適度な量の情報源を持ち、生情報にこだわりすぎず、適度にインテリジェンスから学ぶリーダーがベストということなんでしょう。言うは易く行うは難しですが・・

[PR]

by Imperialnavy | 2013-12-06 00:43 | リーダーとインテリジェンス | Comments(0)


<< 失敗の7要素と対処法      ニミッツ提督の情報要求 >>