戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 26日

敵も決定権を持っている

コリン・グレイ『戦略の格言 戦略家のための40の議論』芙蓉書房出版、2009年、136〜142頁。

「(敵も決定権を持っているという)格言は永遠の真理だが、それでもこの真理についての理解が足りないおかげで、我々は独創性に富み、野心的で、そして単なる間違った教育を受けた人々の、無駄な努力と苦しみを防ぐことができないのだ。」「確かにほとんどの人は、本項の(敵も決定権を持っているという)格言を理屈上では分かっているかもしれないが、実践面を見てみると、歴史を動かしているのは戦うもの同士の意思のぶつかり合いではなく、まるで片一方だけの意思だけであるかのように行動していることが多いのだ。」「敵の意図と能力についての信頼に足る知識が欠如しているために、我々は自分たち自身について知っていることだけに注意を向けがちだ。」

敵の能力と意図というものを前提にする、という当たり前のようなことが案外、出来ていないのではないかということを指摘したコリン・グレイの格言です。このことは、昨日、メモした日本軍にも当てはまることですね。例えば、ミッドウェー海戦前に南雲機動部隊が、「本日(米海軍の)機動部隊出撃の算ナシ」「敵は我が企図を察知せず」と極めて主観的に見積もった事例(森史郎『ミッドウェー海戦 智略と驕慢』新潮選書、2012年、54〜56頁)はその典型ではないでしょうか。
[PR]

by Imperialnavy | 2013-11-26 20:44 | 戦略全般 | Comments(0)


<< 東日本大震災      日本軍における情報軽視の要因 >>