戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 18日

韓国情報委員会の概要

◆93年2月9日に構成された「国会運用及び制度改善小委員会」で「国家情報業務に対する国会の効率的な統制と国家機密保護の相互調和の必要性」から「情報委員会」新設等を内容とする国会法の改善法律案を立案。同法律案が国会運用委員会を通過し、94年6月25日、第169回国会第1次本会議で議決され、同年6月28日に新設( 設置以前は、国防委員会で国家安全企画部所管事項を扱っていた。)

◆国会法第36条の規定により、情報委員会所管の議案と証言等の審査等を職務とし、情報及び保安業務の企画・調整対象部署の情報予算案と決算審査に関する事項を所管

◆情報委員会の細部
・国会議員数 12名(現在、与党6名、野党6名)
・任期 2年
・予算案と決算の審査事項は、所管部署別の予算案と決算審査結果の総額を報告。
・委員会会議は非公開
・議員及び所属公務員が職務上知り得た国家機密を公開したり他人へ流出することは禁止されている。
・委員会所属職員に対しては国家情報院長に身辺調査を依頼する。
・国家情報院の予算審議は非公開であり、議員が国家情報院の予算内容を公開することは禁止されている。


ソース:韓国情報委員会ホームページ(http://intelligence.na.go.kr/site)
[PR]

by Imperialnavy | 2013-11-18 10:58 | その他 | Comments(0)


<< 国家間関係の三つのレベル      作戦・戦術インテリジェンスの特質 >>