戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 06日

人民解放軍初の兵棋システム?

中国網 7月23日「解放軍初の大型兵棋演習システム、「兵棋」が開発」
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-07/23/content_33034425_5.htm

「7年をかけて開発された中国初の大型コンピュータ兵棋演習システム、戦争の勝利の秘訣を教える「兵棋」は未来の勝利に向けて、現代の戦争をありのままコンピュータに移し、中国軍の特徴と未来の戦争の実情に合ったバーチャルの戦場を構築する。実戦に限りなく近い兵棋演習により、中国軍が未来の戦争で勝利を収める可能性が高くなる。これは兵棋演習の魅力だ。」

掲載されている写真をみると国防大学に設置されたようです。国防大学については、下記の記事が参考になります。

「国防大学は中央軍事委員会に直属する人民解放軍の最高学府として、将官昇任予定者及び大軍区等指揮官さらには中央・地方政府の閣僚級高級官僚に対する教育を行う教育機関である。また、人民解放軍の最高シンクタンクとして中央軍事委員会及び4総部2への政策提言機関でもある。」
(山本勝也「防衛駐在官の見た中国 (その1)-人民解放軍国防大学への留学-」http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-007.html より)
ということは軍種を超えた国家、軍事戦略レベルのシミュレーションを行うということですね。

ちなみに他ブログの記事によると最近、「中国はY-20輸送機を最大400機まで調達すべき」との主張を含む軍民統合の理論と実践についての報告書を出したそうです。
(海国防衛ジャーナル http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50732397.html より)
おそらくこうした軍事理論の検証にもこのシステムが使われるのでしょう。

それにしても初とありますが、これまでこうしたシステムは無かったのでしょうか?それともスーパーコンピュータでも使った画期的なシステムという意味での「初」なんでしょうか?あと、2番目に掲載されている写真を見ると「島」を巡るシミュレーションのようにも見えますが気のせいでしょうか・・
いずれにしても興味深い記事です。

[PR]

by Imperialnavy | 2014-08-06 21:26 | 戦略インテリジェンス | Comments(0)