戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 03日

フォークランド紛争時のイギリスの失敗

「第3章 サッチャー政権以降のイギリス・アルゼンチン関係」『フォークランド戦争史』防衛研究所 http://www.nids.go.jp/publication/index.html 39〜40頁の要約

◆アルゼンチン外務省は「イギリス側に解決の意思がない場合、交渉を諦め自国の利 益のため今後あらゆる手段を取る」と警告を行った。しかしイギリスの合同情報会議での結論は、外交交渉が続いている限りアルゼンチンが極端な行動には出ることはない、というものだった。
◆イギリス国防情報本部もアルゼンチン海軍の強硬的な姿勢はいつものこと、という判断であった。このようにイギリスの情勢判断はかなり楽観的なものとなっていた。
◆ブエノスアイレスのウィリアムス大使は、イギリスがアルゼンチン側の要求を受け入れなければ、3 月中の武力行使もありうると警告していた。しかし大使館からの警告は度々のことであり、同大使館はオオカミ少年と見なされていた。そのためロンドンは本腰を入れた対応を怠たってしまった。

結局のところ過去の事例をもとに楽観的な分析をすることは危険だ、というありきたりの教訓ですが、島嶼防衛が問題となっている我が国にとってはとても参考になる事例ですね。我が国のインテリジェンスにもオオカミ少年のように警告する組織があるのかどうかは分かりませんが、カスタマーはそうした警告を馬鹿にせず、警告に基づくあらゆるシナリオを想定して対応を考える必要があるのだと思います。他方、警告する側においては、オオカミ少年とみなされないように、極力、タイミングと情報の精度を見極める努力を怠らないことが肝心なのでしょう。

[PR]

by Imperialnavy | 2014-07-03 18:04 | インテリジェンスの失敗 | Comments(0)
2014年 07月 03日

作戦レベルとインテリジェンス

エドワード・ルトワック『エドワード・ルトワックの戦略論 戦争と平和の論理』毎日新聞社、2014年

174頁「兵器そのものは戦略の技術レベルで相互作用し、直接的に対峙する軍は戦術レベルにおいて交戦する。しかし、作戦レベルにおいて初めて、二つの相争う意思の闘争に遭遇するのである。」

このことはつまり、作戦レベルのインテリジェンス(作戦インテリジェンス)においては、「敵の意思」が分析の焦点となるということです。

181頁「自らが目下の敵よりも物量面で勝っていると判断した国家や軍隊は、判断の正誤はともかく、消耗という信頼できる手段を一般的に選択するであろう。」「これに対して、物量面で劣っていると考える側、あるいは成功した場合も消耗による犠牲者を恐れる側は、その判断の正誤にかかわらず、敵の脆弱性を明らかにしようとする。」「消耗を指向する側は主に攻撃の目標を探すために、敵の性質については真剣に考慮しない。他方、機動を指向する側は敵の脆弱性を探るためにその内部の機構を理解しようと試みる。」

防御側の方が敵の能力や意図をより詳しく分析する傾向があるということでしょうか。確かに過去エントリで紹介したように、ミッドウェー海戦前の米海軍は日本海軍の能力や意図を徹底的に分析してましたね。
ただ、一方で劣勢で機動を指向する側でありながら、敵の脆弱性や内部機構を理解しようせず、敗北した軍隊もありましたが・・・
劣勢であるならば、少なくともインテリジェンスだけはしっかりやってほしいものです。


[PR]

by Imperialnavy | 2014-07-03 15:37 | 作戦・戦術インテリジェンス | Comments(0)