戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 7 )


2014年 02月 20日

70年以上前からあった無人機攻撃の発想

ハイラム・バーシー・マキシム著、吉見海軍大佐訳「将来の大戦と科学応用」『有終 第23巻 第12号』海軍有終会、1936年、72頁。著者は米国発明家技師。科学雑誌ポピラーメカニック2.3月号掲載記事の訳文。

「無人飛行機が数百機も各々強大なる爆弾を搭載して上昇し、敵機と戦を交へるであらう。斯くの如き飛行機はラジオに依りて操縦せられるらので、高周波無電電波が放送所から放たれるるや、其の作用によりて任意に操作せられ、如何なる動作をも地上より命ずる事ができる。」「右の如き無人飛行機の搭載する大爆弾又は空中魚雷は、敵の大都市、兵器製造工廠等の中心或は兵站廠等に投下し、(中略)戦線の遥か後方の無防備地帯に大損害を加へ、人民を殺戮し、建造物を破壊するのである。」

最近、にわかに注目を集めている無人機攻撃も、その発想や原理は70年以上前からあったということですね。とすると、逆になぜ実運用されるまでにこれほど時間がかかったのかという点が疑問です。
ちなみに話は変わりますが、新しい軍事技術というものは、単に技術的な実現可能性だけでなく、倫理や用兵思想、組織の都合といった様々な要因によって装備化されていくそうです。この点、日本海軍は漸減邀撃の艦隊決戦思想で巨大戦艦や巨大潜水艦を建造する一方で、レーダ開発を当初、闇夜に提灯を灯すようなものとして退けましたね(『元軍令部通信課長の回想』より。)。その結果は言うまでもありませんが、さて、今の自衛隊はどうなのでしょうか?

[PR]

by Imperialnavy | 2014-02-20 22:49 | その他 | Comments(0)
2013年 12月 26日

革新的軍事技術

Shawn Brimley, Ben FitzGerald and Kelley Sayler
“Game Changers: Disruptive Technology and U.S. Defense Strategy” 
http://www.cnas.org/game-changers#.UrqXR9yCj4g

◆革新的軍事技術に必要な4要素(pp.11~13)
①調和(ハードとソフトの組み合わせ。例:ドイツ電撃作戦)
②視点
③背景(倫理、社会的価値観に反する技術は受容されない。)
④時間(技術は成熟するまで時間がかかる。)

◆革新的軍事技術が生まれそうな5つの分野(pp.14~18.)
①加法的製造(3Dプリンター)
②自律システム(無人機)
③指向性エネルギー兵器(電磁パルス、レーザー、ミリ波等)
④サイバー
⑤人間のパフォーマンス改造

相手の能力がこうした観点から将来どのように変化するのかといったことを分析することが必要なのかもしれないですね。その際、我が国ではとても社会的に許容されないような技術を採用する可能性を考慮し、ミラーイメージングに陥らないことが大切だと思います。
[PR]

by Imperialnavy | 2013-12-26 18:59 | その他 | Comments(0)
2013年 12月 18日

国家安全保障戦略(インテリジェンス)

昨日、閣議決定した国家安全保障戦略のインテリジェンス関連部分について

http://www.mod.go.jp/j/approach/

agenda/guideline/pdf/security_

strategy.pdf


「国家安全保障に関する政策判断を的確に支えるため、人的情報、公開情報、電波情報、画像情報等、多様な情報源に関する情報収集能力を抜本的に強化する。また、各種情報を融合・処理した地理空間情報の活用 も進める。さらに、高度な能力を有する情報専門家の育成を始めとする人的基盤の強化等により、情報分析・集約・共有機能を高め、政府が保有するあらゆる情報手段を活用した総合的な分析(オール・ソース・アナリシス) を推進する。加えて、外交・安全保障政策の司令塔となるNSCに資料・情報を適時に提供し、政策に適切に反映していくこと等を通じ、情報サイクルを効果的に稼働させる。こうした情報機能を支えるため、特定秘密の保護に関する法律(平成 25年法律第108号)の下、政府横断的な情報保全体制の整備等を通 じ、カウンター・インテリジェンス機能を強化する。 」


要点は、収集、分析、情報共有の強化ということですな。また、情報専門官の育成を強調しているところをみると、インテリジェンスにおける人間の認知能力の重要性をよく認識しているように見えます。ただ、過去のエントリでも示したように、情報に失敗しないためには分析官の能力の他に、政策決定者や作戦立案者のインテリジェンスに対する十分な理解と的確な情報要求が必要なんですよね。また、カスタマーがインテリジェンスの限界や優先順位を認識し、分析官に必要以上にプレッシャーをかけたり、個人的趣味のような情報を要求しないことも大事ですね。こうした点を指導者になる人材に対してしっかり教育してもらいたいと思います。


[PR]

by Imperialnavy | 2013-12-18 20:02 | その他 | Comments(0)
2013年 12月 11日

韓国は張成沢氏側近の公開処刑をいかにして把握したのか

12月5日インターネット版東亜日報(日本語版)japanese.donga.com

「北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)国防副委員長失脚の根拠として提示された2人の側近が公開処刑された情報を、当局は如何にして把握したのだろうか。北朝鮮の公式発表はなかったが、安保当局はヒューミント(人的情報)とシギント(信号情報)を有機的に組み合わせて関連情報を把握した。 」「公開処刑は労働新聞や朝鮮中央通信のような対外用メディアでは一切報じられない。北朝鮮は公開処刑を隠し、北朝鮮社会の内部には広く伝えられる方法で広報する。 (中略) この時に使われる手段が「第3放送」だ。安保省庁関係者は、「第3放送は、各家庭に有線でつなげられたスピーカーで放送される。ラジオとは違って電波を使わないため、外部からの盗聴が難しい」と述べた。第3放送は平壌(ピョンヤン)だけでなく、各都市・郡・里まで結ばれており、農漁村地域ではラジオよりも発達している。 (中略) にもかかわらず安保当局が処刑事実を把握できるのは、ヒューミントがあるためだ。安保省庁当局者は、「北朝鮮住民による平凡な人的情報だけでなく、処刑執行に関与した担当者の口から粛清の事実を聞く」と述べた。粛清の対象者が助けてほしいという手紙を様々なルートで韓国政府に送ることも頻繁に起こっているという。 特に先月末、張氏の側近である李竜河(リ・ヨンハ)行政部第1副部長と張秀吉(チャン・スギル)副部長が処刑されたことは、軍情報当局のシギントでも把握された。処刑の事実を北朝鮮軍首脳部に伝える過程で、対北朝鮮盗聴が捉えたのだ。軍はこれを北朝鮮の異常動向と判断し、国家情報院と共に関連情報を集め、北朝鮮の内部動向を時々刻々追跡してきたという。」

つまり、ヒューミントと軍のシギントによって得た公開処刑に関する情報を国家情報院と協力して関連情報と照合し、国会情報委員会で報告したということでしょうか。
ちなみに韓国軍のシギント部隊については、777司令部というものがあります。777司令部は、1956年に米軍が創設した対北情報機関を前身としたものであり、存在を秘匿するため、過去、「3275部隊」、「5679部隊」と度々、その名称を変えていましたが(すべての数字を足した一桁目が必ず7になることからスリーセブン部隊と呼ばれていた。) 、現在は、777司令部として国防情報本部令に明記されています 。国防情報本部令によれば、777司令部の業務は、「各種信号情報の収集・支援及び研究に関する事項を司る」とされています。なお、韓国軍はSIGINT収集用航空機としてRC-800をベースにしたペクトゥ(白頭)を保有しており、同機によって収集した電波情報は777司令部において処理・分析されているそうです。

※777司令部参考資料:「顔色を窺う軍首脳部に対する韓哲鏞のクーデター」『新東亜(518号)』2002年11月。「対北秘密情報 真実はこれだ 韓哲鏞前777部隊長の衝撃証言」『新東亜(519号)』2002年12月。国防情報本部令(国家法令情報センターホームページ参照)。
[PR]

by Imperialnavy | 2013-12-11 16:59 | その他 | Comments(0)
2013年 12月 02日

極意としての「自由」

赤羽根龍夫、赤羽根大介『武蔵と柳生新陰流』集英社、2012年、182~183頁。

「武蔵にとって兵法極意とは全身[惣体]が鍛錬によって「やわらか」「自由」になることでした。「やわらか」とは手も足も心のままにほどけた状態、つまり自由になることです。(中略)柳生新陰流においても極意は自由であり、この場合の自由は「手足身に所作はありて心になく、習いを離れて習いに従わず、何事もするわざ自由なり」とあるように、手足身の所作から生み出された技の自由なのです。以上のように武蔵も柳生も極意は自由であると言っています。」

インテリジェンスの分析においても、自己の知識や方法論に縛られすぎない自由なマインドが必要ですね。そのためには、知的な「鍛錬」によって自己の頭脳を「やわらか」にする必要があるということでしょうか。
[PR]

by Imperialnavy | 2013-12-02 17:08 | その他 | Comments(0)
2013年 12月 01日

韓国のインテリジェンス文化

崔源起、鄭昌鉉『朝鮮半島のいちばん長い日』東洋経済新報社、2002年

269頁
「2000年を機に北朝鮮の軍事力は上向きになった」とのCIAの説明に対し、林国家情報院長は、「北朝鮮は最近、再び重点を経済分野に向けている。全体的には軍事力は弱まった状況で、一時的に軍事力増強は大きな意味がない。北朝鮮にとって変化とは選択の問題ではなく、当然すべき問題だ。北朝鮮は変化せざるを得ず、すでに変化している。」

169頁
「韓国の組織特性上、上層部が特定情報と資料を好む場合、下級組織はそのトップが好むようなスタイルに情報を加工・処理してから報告する傾向がある。特に林東源は「非太陽政策」については全く振り向かない性格であることで有名だった。」

韓国のインテリジェンス文化が窺い知れる一節です。情報の政治化はどこの国でもあるものでしょうが、情報と政治が密接にリンクしている韓国の情報機関はとりわけその傾向が強そうですね。このことは、韓国の対外政策が自己中心的なインテリジェンスに基づいて行われている可能性を示唆するものだと思います。

[PR]

by Imperialnavy | 2013-12-01 22:06 | その他 | Comments(0)
2013年 11月 18日

韓国情報委員会の概要

◆93年2月9日に構成された「国会運用及び制度改善小委員会」で「国家情報業務に対する国会の効率的な統制と国家機密保護の相互調和の必要性」から「情報委員会」新設等を内容とする国会法の改善法律案を立案。同法律案が国会運用委員会を通過し、94年6月25日、第169回国会第1次本会議で議決され、同年6月28日に新設( 設置以前は、国防委員会で国家安全企画部所管事項を扱っていた。)

◆国会法第36条の規定により、情報委員会所管の議案と証言等の審査等を職務とし、情報及び保安業務の企画・調整対象部署の情報予算案と決算審査に関する事項を所管

◆情報委員会の細部
・国会議員数 12名(現在、与党6名、野党6名)
・任期 2年
・予算案と決算の審査事項は、所管部署別の予算案と決算審査結果の総額を報告。
・委員会会議は非公開
・議員及び所属公務員が職務上知り得た国家機密を公開したり他人へ流出することは禁止されている。
・委員会所属職員に対しては国家情報院長に身辺調査を依頼する。
・国家情報院の予算審議は非公開であり、議員が国家情報院の予算内容を公開することは禁止されている。


ソース:韓国情報委員会ホームページ(http://intelligence.na.go.kr/site)
[PR]

by Imperialnavy | 2013-11-18 10:58 | その他 | Comments(0)