戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 17日

レッドセルとレッドチーム

米軍やイギリス軍で設けられている「レッドセル」と「レッドチーム」の違いについては下記の文献に書かれている内容が参考になる。端的に言えば「レッドセル」とは計画策定チームの一員であり、同チームの外部に設けられた「レッドチーム」が詳細に分析した結果を基に「レッドセル」が相手のとりうる行動等を予測するという仕組みのようだ。留意事項としては、レッドセルには情報部の者だけでなく作戦部の者も置くといったことや、レッドチームにも計画チームの情報にアクセスできるようにするといった点が挙げられる。

NAVY PLANNING NWP 5-01 ,DECEMBER 2013 (抜粋)pp.Q‐5‐5~Q‐5‐6
➣レッドセルのメンバーは情報部の計画チームとの区切りを設けながら、ウォーゲームに参加しなければならない。レッドセルは我の各行動に対する敵の能力や行動についての洞察を提供し、情報部の計画チームはインテリジェンスのリソースとしてプロダクト作成や評価の検証を行う。
➣レッドセルの機能とは情報部を拡大させたようなものである。レッドセルのメンバーにはオペレーターとインテリジェンスの代表スタッフが含まれなければならない。
➣計画チームとレッドセルは敵対的関係ではなく、補完的な関係にある。
➣レッドセルはMDCOAとMLCOAを描き出さなければならない。

U.K. MOD, Red Teaming Guide, Second Edition, January 2013.pp.4-2~4-3
➣統合部隊の司令官はレッドチームのリーダーを指名し、参謀長はレッドチームにリソースを使えるようにしなければならない。レッドチームリーダーは(分析結果を)司令官に直接報告するか、もしくは、計画チームに提供する。また、レッドチームには計画チームの持つ情報にアクセスさせる必要がある。
➣レッドチームの目的は敵に関する理解を向上させること。レッドセルは計画チームの一員として敵のドクトリンや文化的背景を考慮したうえで見積られる敵の計画を作成する。
[PR]

by Imperialnavy | 2016-08-17 21:41 | 作戦・戦術インテリジェンス | Comments(0)


     レッドチーム分析 >>