戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 20日

70年以上前からあった無人機攻撃の発想

ハイラム・バーシー・マキシム著、吉見海軍大佐訳「将来の大戦と科学応用」『有終 第23巻 第12号』海軍有終会、1936年、72頁。著者は米国発明家技師。科学雑誌ポピラーメカニック2.3月号掲載記事の訳文。

「無人飛行機が数百機も各々強大なる爆弾を搭載して上昇し、敵機と戦を交へるであらう。斯くの如き飛行機はラジオに依りて操縦せられるらので、高周波無電電波が放送所から放たれるるや、其の作用によりて任意に操作せられ、如何なる動作をも地上より命ずる事ができる。」「右の如き無人飛行機の搭載する大爆弾又は空中魚雷は、敵の大都市、兵器製造工廠等の中心或は兵站廠等に投下し、(中略)戦線の遥か後方の無防備地帯に大損害を加へ、人民を殺戮し、建造物を破壊するのである。」

最近、にわかに注目を集めている無人機攻撃も、その発想や原理は70年以上前からあったということですね。とすると、逆になぜ実運用されるまでにこれほど時間がかかったのかという点が疑問です。
ちなみに話は変わりますが、新しい軍事技術というものは、単に技術的な実現可能性だけでなく、倫理や用兵思想、組織の都合といった様々な要因によって装備化されていくそうです。この点、日本海軍は漸減邀撃の艦隊決戦思想で巨大戦艦や巨大潜水艦を建造する一方で、レーダ開発を当初、闇夜に提灯を灯すようなものとして退けましたね(『元軍令部通信課長の回想』より。)。その結果は言うまでもありませんが、さて、今の自衛隊はどうなのでしょうか?

[PR]

by Imperialnavy | 2014-02-20 22:49 | その他 | Comments(0)


<< 作戦レベルとインテリジェンス      戦争の理論 >>