戦略とインテリジェンス

ijnavy.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 20日

作戦・戦術インテリジェンスの定義

JP 2-0, Joint Intelligence, 22 June 2007,I‐23,I‐24.
(http://www.dtic.mil/doctrine/new_pubs/
jointpub_intelligence.htm)

◆作戦インテリジェンス
 任務部隊指揮官や部隊の司令クラスが必要とする、彼の能力と意図に焦点を当てたインテリジェンス。関心のあるエリアにおける事象の監視を行うとともに、彼の重心を特定し、作戦計画の立案と作戦の実施を支援する。

◆戦術インテリジェンス
 現場部隊指揮官が必要とする、戦闘の計画実施を支援するためのインテリジェンス。切迫した脅威に関する情報や脅威目標の状態に関する性格な情報を提供する。

昔の軍隊における作戦インテリジェンスについては、米軍や日本軍が情況判断(The Estimate of the Situation)において行っていた敵情判断(Enemy:Strength,Disposition,Probable intentions)がまさしくこれに当たるものだったと思います。
[PR]

by Imperialnavy | 2013-11-20 13:37 | 作戦・戦術インテリジェンス | Comments(0)


<< 技術と戦争      戦略インテリジェンスの定義 >>